SIGMA MC-11 Ver.1.09




f0302613_14502704.jpg

SONY α7Ⅱ
SIGMA 14mm F2.8 ASPHERICAL HSM + MC-11(EF-E)
RAW, SILKYPIX Developer Studio Pro 8



※クリックすると少し大きく表示できます。

MC-11のファームをVer.1.09にして、過去不具合のあった5本のレンズをテストしてみました。

1 EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM(I)
 AFで合焦するようになりました。ただし、望遠端では条件によってはかなり合焦が遅いので動きモノには向きません。

2 EF300mm F4L IS USM
 改善はしましたが、AFで合焦することがある...と言う程度(^^;。

3 SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO(EF)
 レンズ側のAF/MF切り替えスイッチが有効になりました。
 また、AFも正常に動作するようになりました。

4 SIGMA 14mm F2.8 EX ASPHERICAL HSM(EF)
 AF/MFスイッチに関係なくAFで動作する状況は変わりませんでした。
 ただし、フルタイムマニュアルフォーカスが可能なレンズなので、
 シャッター半押しの状態でMF操作が可能です。

5 SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM
 合焦点付近で激しく前後して合焦しない状況は変わりませんでした。



SIGMA 24mm F1.8とSIGMA 14mm F2.8 は、結構古いレンズですが
どちらも最短撮影距離18cmでかなり寄れるのがアドバンテージです。
最短付近では周辺がそれなりに流れますが、前玉をうっかりぶつけそうなくらい寄れます。
24mmの撮影倍率は1:2.7となっています。

上の写真は最短付近での撮影です。
開放で撮っていますが、中央の解像力はそこそこあります。







by ruribitaki_pata2 | 2018-03-17 15:00 | SIGMA MC-11 作動テスト | Comments(0)
<< 春だ春だ♪ の200mm #002 NOKTON Flowers ... >>