直球ど真ん中 35mmでにじり寄り




f0302613_15255651.jpg





今日は風は穏やかなものの蒸し暑い日になりました。ケシの花芯て、綺麗というか面白いというか。
使っているのは、20cmまで寄れる広角ティルト・シフトレンズですが、その大きさと重さはとても、35mm F2.8のレンズには見えません(^^;
(下方にティルトして撮影)


カメラ: Canon EOS 40D
レンズ: MC Hartblei 2.8/35 mm TS PC Super Rotator





by ruribitaki_pata2 | 2008-06-08 17:00 | Hartblei | Comments(2)
Commented by アムゼルくん at 2008-06-08 17:45 x
お師匠様、
Pentax DA35mm F2.8 Macro Limited、買うことにしました。
E520(まだ出荷されてません)とK100D(いずれはK200Dにアップグレード)の二つのシステムで行こうと思います。これなら(まだ買ってない)Carl Zeiss ZK マウントも3/4で(アダプターを介して)同時使用できる、という深慮遠謀(??)です。とらぬ狸の皮算用でなければいいな、と祈るばかりです。てへへv
もうかなりの深みまではまってきました。徒歩歩
Commented by ルリビタキ at 2008-06-08 21:53 x
だんだん、加速度がついてきましたねぇ。
レンズ沼、遠浅に見えていても突然深みが...。

ところでなんだか、今日はiZa!が重たいですね。
<< 紫陽花日記 2008 その2日目 しなやかな視線 >>