King-2 新宿店閉店 その2

f0302613_14255471.jpg




MC RUBINAR 4.5/300 MACRO(EOSマウント)

 このレンズもKing-2で入手したものです。一般的にはM42マウントらしいのですが、この店では、Fマウント、EOSマウント、PKマウントに改造してありました。

 しかも、ヘリコイドがグリップや、内蔵ストロボと干渉しないように、マウント部分でバックフォーカスを少し伸ばしてありました。(それでも、一部機種では干渉するものがあったようです。)

 通常バックフォーカスが長くなるよう改造すると無限遠が出なくなってしまうものですが、もともとかなりオーバーインフな設計のため、このような改造(調整)が可能だったそうです。



f0302613_14255460.jpg




 このRUBINARには他に5.6/500、10/1000がありますが、3本ともに最近の入荷はほとんど無かったようです。

 国産のレフレックス(ミラー)レンズに較べると遙かに格安で、MACROと名にあるように、300mmでは、1.7mまで寄れます。



f0302613_14255426.jpg




 この300mmは、色乗り、コントラストともにレフレックスレンズとしては優秀な部類に入るのではないでしょうか。

 切れ味もまずまずです。

 ただ、レフレックス特有のリングボケについては人によって評価が分かれるところと思います。



f0302613_14255498.jpg




 最近では300mmを含むズームレンズが多数あるので、小型軽量の望遠レンズとしては、あまり意味がなくなって来ていると思いますが、特徴あるリングボケが生かせるシチュエーションで撮れば、なかなか楽しめるのではないかと思います。



f0302613_14255420.jpg




 F4.5(固定)と比較的明るく、軽量小型なので、慎重に撮れば手持ちでもOKですし、一脚を併用すれば万全です。

 レフレックスレンズをちょっと使ってみたいという方にはお奨めの一本かもしれません。ただ、先にも書いたように、最近では品数が少ないようですが...。



 


f0302613_14255458.jpg




 500mmになると手持ちはちょっとつらく、APS-Cでは焦点距離が長すぎて、用途が限られてくると思います。

 King-2の人の話では、500mmより1000mmの方がキレがよいというユーザーの評価があるとのことでしたが、私自身は持っていないので実際の所は判りません。

 ただ、1000mmともなれば、それこそ三脚使用はほぼ必須ですし、ますます何を撮るかが問題になってくると思います。



f0302613_14255527.jpg




 しかし、King-2に限らず中古カメラショップの店員さんは、カメラや写真の知識が豊富な方が多いので、ただ、モノを買うというだけでなく、色々とお話聞かせて頂くのが楽しかったりするのですが、そういうお店がだんだんと減っていってしまうのは、やはり寂しい気がします。



 






カメラ:Canon EOS 20D(#2,#3), D60


by ruribitaki_pata2 | 2007-08-24 23:23 | Russian Lens | Comments(2)
Commented by torisan at 2008-10-05 05:53 x
んまぁ~。
一枚目はおおいぬのふぐりと菜の花ですか??
なんともはや・・あーと。げーじゅつ。ばくはつだーーー!

ぼかすつもりがないのにおちゅむがボケちゃってるこのあたしには
もう別世界のおしゃしんのかずかず。

うつくしいですねぇ・・
ぺったんありがとうございました。
Commented by ルリビタキ at 2008-10-05 09:41 x
torisanさん、いらっしゃい(^^

1枚目の青いのは最後の写真の物と同じで、ネモフィラ(ルリカラクサ)です。
そういえば、オオイヌノフグリにもよく似てますよね。
<< 晴れたらいいねとでかけたら パ... King-2 新宿店閉店 >>