タグ:昆虫 ( 141 ) タグの人気記事

睡蓮畑でつかまえて #006 - ツチイナゴは見た -




f0302613_11022691.jpg




f0302613_11023240.jpg

Canon EOS M5
EF300mm F4L IS USM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

睡蓮の葉の陰から顔をのぞかせたツチイナゴ。
こちらを伺っているのかと思いきや、
やっぱりモシャモシャと葉を食べ始めました。

絞りはF8.0。ここまで絞るとかなりキリッと写りますね。
2枚目は3000pixel×2000pixelでトリミング後縮小しています。

体の後ろが見えないので、幼虫なのか成虫なのかは不明です。






[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2017-08-17 12:00 | Canon EF L | Comments(0)

睡蓮畑でつかまえて #005




f0302613_10560022.jpg

Canon EOS M5
EF300mm F4L IS USM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

こちらはショウリョウバッタ(オス)。
飛びながらキチキチキチと音を出すので、子供の頃はキチキチバッタと呼んでました。
メスはオスの倍以上の大きさがあります。
この個体は睡蓮の葉の上にいましたが、池の周りの草原にたくさんいました。







[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2017-08-16 12:00 | Canon EF L | Comments(0)

睡蓮畑でつかまえて #004




f0302613_10504610.jpg




f0302613_10505233.jpg

Canon EOS M5
EF300mm F4L IS USM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

睡蓮の葉の上にいる昆虫のなかで一番たくさんいるのがこのオンブバッタ。
なにをしているのかというと2枚目のように、食べちゃってます。(^^;





[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2017-08-15 12:00 | Canon EF L | Comments(0)

睡蓮畑でつかまえて #003




f0302613_10244378.jpg




f0302613_10245200.jpg

Canon EOS M5
EF300mm F4L IS USM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

EF300mm F4L IS USMはキャノンレンズとしては2番目、単焦点レンズとしては初めてISを搭載したレンズです。
流し撮り用のモード2はこのレンズから。
手ぶれ補正効果は約2段分と今のISに比べるとかなり控えめです。
最短撮影距離1.5m、0.24倍なのでAPS-Cカメラの組み合わせるとセミマクロ的に使えます。
EOS M5との組み合わせだと、軽量コンパクトなうえミラーショックもなく、
ワーキングディスタンスも十分とれるので、虫撮りにはかなり便利です。
便利すぎてナマケモノになってしまいそうですが...。
F4だと柔らかめな描写ですが、絞ればくっきり。
画面のすっきり感とボケの美しさはやはり単焦点ならではです。

ちなみに1枚目はF4.0、2枚目はF5.0です。
被写体はシオカラトンボ(オス)です。

※ISなしの旧タイプの最短撮影距離は2.5mとちょっと遠いです。








[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2017-08-14 12:00 | Canon EF L | Comments(0)

睡蓮畑でつかまえて #002 - 千客万来 -




f0302613_00373219.jpg




f0302613_00373819.jpg




f0302613_00374319.jpg

Canon EOS M5
EF300mm F4L IS USM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

睡蓮の花には入れ替わり立ち替わりいろいろなお客様がやってきます。(^^






[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2017-08-13 12:00 | Comments(0)

ハラビロカマキリ




f0302613_17483282.jpg

Canon EOS M5
SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

ハラビロカマキリの幼虫です。
ちょっと顔が極悪(^^;





[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2017-08-03 12:00 | Macro Lens | Comments(0)

コバネイナゴ再登場




f0302613_17384872.jpg

Canon EOS M5
SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

こちらは葛の葉の上のコバネイナゴの幼虫。

8/13 追記:ちょっと目の下の模様が薄いのですが、こちらももしかしたらツチバッタの幼虫かも。
バッタの仲間は色柄のバリエーションが多く、個体差も考えると結構識別が難しいですね。>特に幼虫。
文一総合出版のバッタハンドブックは、幼虫の各齢ごとの写真や、成虫のバリエーションも多く載っているのですが、
ほぼ新書版サイズなのでちょっと写真が小さめなのが惜しいですね。









[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2017-08-01 12:00 | Macro Lens | Comments(0)

紫陽花広場 #006




f0302613_16401344.jpg




f0302613_16402154.jpg

Canon EOS M5
SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

私のフィールドでは良く見かけるクサギカメムシ。
2枚目は1枚目を3000×2000pixelでトリミング後縮小したモノです。









[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2017-07-30 12:00 | Macro Lens | Comments(0)

紫陽花広場 #005




f0302613_16260758.jpg




f0302613_16261581.jpg

Canon EOS M5
SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

紫陽花の葉の上で休む、アサマイチモンジ






[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2017-07-29 12:00 | Macro Lens | Comments(0)

紫陽花広場 #004




f0302613_16213936.jpg




f0302613_16215396.jpg

Canon EOS M5
SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

ふと見やると数メートル先の紫陽花の葉の上になにやら碧いモノが。
最初はコガネムシかと思ったのですが、どうやらアオドウガネの様です。
2枚目は1枚目を3000×2000pixelでトリミング後縮小したモノです。










[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2017-07-28 12:00 | Macro Lens | Comments(0)