カテゴリ:撮り較べ( 18 )

さくら2016 #009




f0302613_15000899.jpg

Canon EOS 5D Mark II
SIGMA 14mm F2.8 ASPHERICAL HSM
RAW, SILKYPIX Developer Studio Pro 7


f0302613_15013477.jpg

SONY α7Ⅱ
COSINA Voigtländar MACRO-APO-LANTHAR 125mm F2.5 SL(EF) + metabones EF-E mount T Ver.4
RAW, SILKYPIX Developer Studio Pro 7



シグマの14mmは古いレンズなので描写はそこそこですが、18cmまで寄れるのが当時のアドバンテージでした。
※α7II+metabones EF-E mount T Ver.4+SIGMA14mmの組み合わせではAFは動作しませんでした。









[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2016-04-18 12:00 | 撮り較べ | Comments(0)

うつむく花



f0302613_17255875.jpg
f0302613_17255850.jpg




f0302613_17255870.jpg
f0302613_17255817.jpg


Canon EOS 5D Mark II

COSINA Voigtländar MACRO-APO-LANTHAR 125mm F2.5 SL

CONTAX Sonnar T* 180mm F2.8 AEWG




サザンカなのかそれともツバキなのか?花びらの白い縁取りか可憐です。
[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2009-04-09 12:00 | 撮り較べ | Comments(0)

ISOいくつ?







f0302613_16255669.jpg
f0302613_16255636.jpg




ISO ?



 


 


f0302613_16255682.jpg
f0302613_16255653.jpg


 


ISO100


 


 




Canon 50D

MC Hartblei 2.8/35 mm TS PC Super Rotator






 




ISO100の比較画像のアップが遅れていますが、ここでクイズです。一枚目の画像はRAWから8bit TIFFに変換した物を、PhotoImpact12を用いて自動レベル処理、自動ノイズ低減処理を施した後、縮小し、アンシャープマスク処理をしてjpeg化しています。(自動レベル処理以外は複数回処理)


参考に二枚目は、ISO100で撮ったものをRAWから8bit TIFFに変換し、同様に自動レベル処理後、縮小、アンシャープマスク処理をしてjpeg化したものです。(処理は各1回のみ)


さて、一枚目の画像はISOいくつで撮ったものでしょう?(^^


 


 


 


 


[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2008-10-24 23:20 | 撮り較べ | Comments(0)

EOS 50D ノイズテスト ISO200







f0302613_16255394.jpg
f0302613_16255412.jpg




RAW





f0302613_16255418.jpg
f0302613_16255476.jpg




sRAW1





f0302613_16255453.jpg
f0302613_16255494.jpg




sRAW2









Canon 50D

MC Hartblei 2.8/35 mm TS PC Super Rotator






 




ISO200での比較です。


シャッター速度が遅くなりすぎるので、絞り値をこれまでのF11からF5.6に設定変更しています。


 


 


【画像記録サイズ】


RAW(4752×3168)


sRAW1(3267×2178)


sRAW2(2375×1684)


 


【撮影方法等】


ライティング:天井の蛍光灯一灯のみ


ディフューズボックス使用


三脚使用


アオリレンズ使用


撮影後DPPVer3.5.0.0で現像


 


【現像条件等】


色温度: 3500K


ピクチャースタイル: 忠実設定


コントラスト:1


シャープネス:3


8bit TIFで出力後、PhotoImpact12で同一サイズにリサイズしてjpeg化(リサイズ後のシャープ処理等なし)。




【カメラ設定等】


高感度撮影時のノイズ低減: しない

長秒時露光時のノイズ低減: しない


高輝度側・階調優先: しない


オートライティングオプティマイザ: しない


ライブビュー撮影: する


静穏撮影: モード2


セルフタイマー使用


撮影モード: マニュアル露出


絞り値: F5.6


シャッタースピード: 0.6秒



 【ノイズ緩和の初期値設定値】


(左から右へRAW、sRAW1、sRAW2の順)


輝度ノイズ緩和レベル: 1, (1), (1)


色ノイズ緩和レベル: 2, 0, 0


 


sRAWでは輝度ノイズ緩和レベルの選択・変更不可。


 


 


 〔次回は ISO100です〕


[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2008-10-20 12:00 | 撮り較べ | Comments(0)

EOS 50D ノイズテスト ISO400







f0302613_16255220.jpg
f0302613_16255211.jpg




RAW





f0302613_16255267.jpg
f0302613_16255280.jpg




sRAW1





f0302613_16255227.jpg
f0302613_16255287.jpg




sRAW2





f0302613_16255393.jpg
f0302613_16255312.jpg












Canon 50D

MC Hartblei 2.8/35 mm TS PC Super Rotator


 TS-E 45mm F2.8


 

 




ISO400での比較です。


最後の一枚は撮影に使用したレンズです。(CONTAX Distagon 21mm 用フードW-1を装着、TS-E45で撮影)。レンズ鏡胴の二つのダイヤルと二つのレバーで、チルト、シフトが全方向対し別々に設定できます。キヤノンのTS-Eレンズではチルト・シフトの方向の組み合わせは平行か直交しか選べませんが、HartbleiのSuper Rotatorでは任意の角度での組み合わせが可能です。


 


 


 


【画像記録サイズ】


RAW(4752×3168)


sRAW1(3267×2178)


sRAW2(2375×1684)


 


【撮影方法等】


ライティング:天井の蛍光灯一灯のみ


ディフューズボックス使用


三脚使用


アオリレンズ使用


撮影後DPPVer3.5.0.0で現像


 


【現像条件等】


色温度: 3500K


ピクチャースタイル: 忠実設定


コントラスト:1


シャープネス:3


8bit TIFで出力後、PhotoImpact12で同一サイズにリサイズしてjpeg化(リサイズ後のシャープ処理等なし)。




【カメラ設定等】


高感度撮影時のノイズ低減: しない

長秒時露光時のノイズ低減: しない


高輝度側・階調優先: しない


オートライティングオプティマイザ: しない


ライブビュー撮影: する


静穏撮影: モード2


セルフタイマー使用


撮影モード: マニュアル露出


絞り値: F11


シャッタースピード: 1.3秒



 【ノイズ緩和の初期値設定値】


(左から右へRAW、sRAW1、sRAW2の順)


輝度ノイズ緩和レベル: 1, (1), (1)


色ノイズ緩和レベル: 3, 1, 1


 


sRAWでは輝度ノイズ緩和レベルの選択・変更不可。


 


 


 〔次回は ISO200です〕


[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2008-10-19 14:00 | 撮り較べ | Comments(0)

EOS 50D ノイズテスト ISO800







f0302613_16255190.jpg
f0302613_16255117.jpg




RAW





f0302613_16255156.jpg
f0302613_16255110.jpg




sRAW1





f0302613_16255114.jpg
f0302613_16255128.jpg




sRAW2





f0302613_16255277.jpg
f0302613_16255297.jpg












Canon 50D

MC Hartblei 2.8/35 mm TS PC Super Rotator


 


 




ISO800での比較です。


最後の一枚はISO3200の時と同様、DPPの設定を下記にしてRAWファイルからjpeg化し、リサイズ後にアンシャープマスクを施した物です。


 


【4枚目の現像設定】


クリックホワイトバランス


ピクチャースタイル: ポートレート


コントラスト:0


色の濃さ:1


シャープネス:3


気持ちトーンカーブ調整


chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)-


 


【画像記録サイズ】


RAW(4752×3168)


sRAW1(3267×2178)


sRAW2(2375×1684)


 


【撮影方法等】


ライティング:天井の蛍光灯一灯のみ


ディフューズボックス使用


三脚使用


アオリレンズ使用


撮影後DPPVer3.5.0.0で現像


 


【現像条件等】


色温度: 3500K


ピクチャースタイル: 忠実設定


コントラスト:1


シャープネス:3


8bit TIFで出力後、PhotoImpact12で同一サイズにリサイズしてjpeg化(リサイズ後のシャープ処理等なし)。




【カメラ設定等】


高感度撮影時のノイズ低減: しない

長秒時露光時のノイズ低減: しない


高輝度側・階調優先: しない


オートライティングオプティマイザ: しない


ライブビュー撮影: する


静穏撮影: モード2


セルフタイマー使用


撮影モード: マニュアル露出


絞り値: F11


シャッタースピード: 0.6秒



 【ノイズ緩和の初期値設定値】


(左から右へRAW、sRAW1、sRAW2の順)


輝度ノイズ緩和レベル: 2, (2), (2)


色ノイズ緩和レベル: 3, 2, 1


 


sRAWでは輝度ノイズ緩和レベルの選択・変更不可。


 


 


 〔次回は ISO400です〕


[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2008-10-18 21:15 | 撮り較べ | Comments(0)

EOS 50D ノイズテスト ISO1600







f0302613_16254937.jpg
f0302613_16254979.jpg




RAW





f0302613_16254947.jpg
f0302613_16254940.jpg




sRAW1





f0302613_16254976.jpg
f0302613_16254960.jpg




sRAW2









Canon 50D

MC Hartblei 2.8/35 mm TS PC Super Rotator


 


 




ISO1600での比較です。


色ノイズ緩和レベルの初期設定値がISO3200に較べると急に小さくなっています。


 


【画像記録サイズ】


RAW(4752×3168)


sRAW1(3267×2178)


sRAW2(2375×1684)


 


【撮影方法等】


ライティング:天井の蛍光灯一灯のみ


ディフューズボックス使用


三脚使用


アオリレンズ使用


撮影後DPPVer3.5.0.0で現像


 


【現像条件等】


色温度: 3500K


ピクチャースタイル: 忠実設定


コントラスト:1


シャープネス:3


8bit TIFで出力後、PhotoImpact12で同一サイズにリサイズしてjpeg化(リサイズ後のシャープ処理等なし)。




【カメラ設定等】


高感度撮影時のノイズ低減: しない

長秒時露光時のノイズ低減: しない


高輝度側・階調優先: しない


オートライティングオプティマイザ: しない


ライブビュー撮影: する


静穏撮影: モード2


セルフタイマー使用


撮影モード: マニュアル露出


絞り値: F11


シャッタースピード: 0.3秒



 【ノイズ緩和の初期値設定値】


(左から右へRAW、sRAW1、sRAW2の順)


輝度ノイズ緩和レベル: 3, (3), (3)


色ノイズ緩和レベル: 3, 3, 2


 


sRAWでは輝度ノイズ緩和レベルの選択・変更不可。


 


 


 〔次回は ISO800です〕


[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2008-10-17 12:00 | 撮り較べ | Comments(0)

EOS 50D ノイズテスト ISO3200







f0302613_16254880.jpg
f0302613_1625487.jpg




RAW





f0302613_16254819.jpg
f0302613_16254835.jpg




sRAW1





f0302613_162548100.jpg
f0302613_1625485.jpg




sRAW2





f0302613_16254823.jpg
f0302613_16254819.jpg












Canon 50D

MC Hartblei 2.8/35 mm TS PC Super Rotator


 


 




続いてISO3200での比較です。


ISO12800、ISO6400に較べて、質感、解像感ともにだいぶ良くなっているのではないでしょうか。


最後の一枚はDPPの設定を下記にしてRAWファイルからjpeg化し、リサイズ後にアンシャープマスクを施した物です。少しは美味しそうに見えるようになったでしょうか?(^^;


 


【4枚目の現像設定】


クリックホワイトバランス


ピクチャースタイル: ポートレート


コントラスト:0


色の濃さ:1


シャープネス:3


気持ちトーンカーブ調整


chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)-


 


【画像記録サイズ】


RAW(4752×3168)


sRAW1(3267×2178)


sRAW2(2375×1684)


 


【撮影方法等】


ライティング:天井の蛍光灯一灯のみ


ディフューズボックス使用


三脚使用


アオリレンズ使用


撮影後DPPVer3.5.0.0で現像


 


【現像条件等】


色温度: 3500K


ピクチャースタイル: 忠実設定


コントラスト:1


シャープネス:3


8bit TIFで出力後、PhotoImpact12で同一サイズにリサイズしてjpeg化(リサイズ後のシャープ処理等なし)。




【カメラ設定等】


高感度撮影時のノイズ低減: しない

長秒時露光時のノイズ低減: しない


高輝度側・階調優先: しない


オートライティングオプティマイザ: しない


ライブビュー撮影: する


静穏撮影: モード2


セルフタイマー使用


撮影モード: マニュアル露出


絞り値: F11


シャッタースピード: 1/6秒



 【ノイズ緩和の初期値設定値】


(左から右へRAW、sRAW1、sRAW2の順)


輝度ノイズ緩和レベル: 4, (4), (4)


色ノイズ緩和レベル: 8, 7, 5


 


sRAWでは輝度ノイズ緩和レベルの選択・変更不可。


 


 


 〔次回は ISO1600です〕


[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2008-10-16 18:00 | 撮り較べ | Comments(0)

EOS 50D ノイズテスト ISO6400







f0302613_16254758.jpg
f0302613_16254715.jpg




RAW





f0302613_16254722.jpg
f0302613_16254748.jpg




sRAW1





f0302613_16254726.jpg
f0302613_16254787.jpg




sRAW2









Canon 50D

MC Hartblei 2.8/35 mm TS PC Super Rotator


 


 




続いてISO6400での比較です。


縮小画像では判りにくいですが、ISO12800、ISO6400とも(この画像に対して)縦縞のノイズが見て取れます。(特に甘長唐辛子の肌の辺り)


ISO3200でもあると思ってみれば判ります。ISO1600だとほとんど判らないレベルでしょうか。


 


【画像記録サイズ】


RAW(4752×3168)


sRAW1(3267×2178)


sRAW2(2375×1684)


 


【撮影方法等】


ライティング:天井の蛍光灯一灯のみ


ディフューズボックス使用


三脚使用


アオリレンズ使用


撮影後DPPVer3.5.0.0で現像


 


【現像条件等】


色温度: 3500K


ピクチャースタイル: 忠実設定


コントラスト:1


シャープネス:3


8bit TIFで出力後、PhotoImpact12で同一サイズにリサイズしてjpeg化(リサイズ後のシャープ処理等なし)。




【カメラ設定等】


高感度撮影時のノイズ低減: しない

長秒時露光時のノイズ低減: しない


高輝度側・階調優先: しない


オートライティングオプティマイザ: しない


ライブビュー撮影: する


静穏撮影: モード2


セルフタイマー使用


撮影モード: マニュアル露出


絞り値: F11


シャッタースピード: 1/13秒



 【ノイズ緩和の初期値設定値】


(左から右へRAW、sRAW1、sRAW2の順)


輝度ノイズ緩和レベル: 4, (4), (4)


色ノイズ緩和レベル: 11, 9, 9


 


sRAWでは輝度ノイズ緩和レベルの選択・変更不可。


 


 


 〔次回は ISO3200です〕


[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2008-10-15 18:00 | 撮り較べ | Comments(0)

EOS 50D ノイズテスト ISO12800







f0302613_16254583.jpg
f0302613_1625458.jpg




RAW





f0302613_16254549.jpg
f0302613_16254516.jpg




sRAW1





f0302613_16254673.jpg
f0302613_16254689.jpg




sRAW2









Canon 50D

MC Hartblei 2.8/35 mm TS PC Super Rotator


 


 




EOS 50DのRAWファイルには、RAW(4752×3168)、sRAW1(3267×2178)、sRAW2(2375×1684)の三種類がありますが、掲示板の書き込みなどによると、単にサイズが小さいだけでなく、画素混合処理によってノイズ低減が図られているのではないかとの説があります。


非常に興味深い説なのですが、キヤノンが公式にこのことに触れている記事を見たことはないので、とりあえず自分でも試してみることにしました。


 


まず、撮影方法です。ライティングは天井の蛍光灯のみ。自然光だと撮影中に条件が変わってしまうので人工光にしました。被写体はディフューズボックスの中に入れています。(モノは例によってバナナ以外は冷蔵庫に入っていたものをてきとーに(^^;)


カメラは三脚固定、アオリレンズ使用。撮影後DPPVer3.5.0.0で現像しています。このDPPはEOS 50Dに付属してきた物で、少し仕様が変わっています。


 


【現像条件等】


色温度: 3500K


ピクチャースタイル: 忠実設定


コントラスト:1


シャープネス:3


8bit TIFで出力後、同一サイズにリサイズしてjpeg化しています。




【カメラ設定等】


高感度撮影時のノイズ低減: しない

長秒時露光時のノイズ低減: しない


高輝度側・階調優先: しない


オートライティングオプティマイザ: しない


ライブビュー撮影: する


静穏撮影: モード2


セルフタイマー使用


撮影モード: マニュアル露出


絞り値: F11


シャッタースピード: 1/25秒



以降ISO感度設定を順次下げながらテストしていきましたが、シャッタースピード以外は同一に設定しています。(ただし、ISO200とISO100では露光時間が長くなりすぎるので、絞り値をF5.6に設定しました。)



で、まず、ISO12800での結果ですが、なかなか微妙なところですね。画像縮小時にソフト側(PhotoImpact12)の処理も加わっているでしょうし、ここにアップロードする時にも処理が加わっていますから詳細な比較はむずかしかもしれません。また、スローシャッターを切っているので、長秒時露光によるノイズの影響も少し加わってしまっているかもしれません。(縮小後のシャープ、アンシャープマスク処理等は行っていません)


 


ただ、カメラ側で「高感度撮影時のノイズ低減: しない」にしていても、DPPの環境設定「ノイズ緩和の初期値設定」のところで「初期置を設定する」にせず、デフォルトの「カメラの設定を反映する」にしていると、RAWファイルでは値が割り付けられてくるのですが、その値をみると、ISO12800ではRAW、sRAW1、sRAW2、の順に左から右へ


 


輝度ノイズ緩和レベル: 5, (5), (5)


 


色ノイズ緩和レベル: 13, 10, 10


 


となっており、この数値からするとsRAWの方が元々のノイズが少ないため緩和レベルが低い値で設定されているとも推測できます。この設定をすべて同一にすればよりその差が見えてくるかもしれません。(これはまた、あとで検証してみたいと思います。)


なお、二つのsRAWでは輝度ノイズ緩和レベルのスライダーの値は5になっているのですが、薄い表示となっていて選択できず、変更することが出来ません。【追記:DPPのヘルプを参照したところ仕様だそうです。】


また、これらデフォルト値はISO値が小さくなるに従い、当然ですが小さくなって行きます。


 


 


 〔次回は ISO6400です〕


[PR]
by ruribitaki_pata2 | 2008-10-14 18:15 | 撮り較べ | Comments(0)