睡蓮畑でつかまえて #013




f0302613_16312924.jpg

Canon EOS M5
EF300mm F4L IS USM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

ガガンボの仲間。
ネットで調べてみると、国内で同定されているもので約700種。
未同定のものはその数倍いるのではないかとのこと。

マイナー昆虫ということなのか、専門の図鑑もないような。
いっそカメムシみたいな害虫だと防除のためなのか、高額ですが同じ出版元から図鑑が3巻も出ています。
しかし、3巻そろえると30Kを超えるのでちょっと手が出ずにいます。

調べた限りで一番似ているのはキバラガガンボでしょうか。
肝心のおなかがこの写真では見えないのですが(^^;







[PR]
# by ruribitaki_pata2 | 2017-08-24 12:00 | Canon EF L | Comments(0)

おべんとつけてどこいくの?




f0302613_21131729.jpg




f0302613_21134710.jpg




f0302613_21241195.jpg

Canon EOS M5
EF-S 35mm F2.8 Macro IS STM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

朝に咲き、夕には萎れてしまう芙蓉の花。
その葉の上にとまったイチモンジセセリの顔には柱頭についているのと同じ花粉が(^^

3枚目は2枚目を3000pixel×2000pixelでトリミング後縮小したものです。
また、3枚ともレンズのLEDライトをFULL点灯しています。







[PR]
# by ruribitaki_pata2 | 2017-08-23 21:17 | EF-S 35mm F2.8 Macro | Comments(0)

睡蓮畑でつかまえて #012




f0302613_16243428.jpg

Canon EOS M5
EF300mm F4L IS USM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

オオシロカネグモです。






[PR]
# by ruribitaki_pata2 | 2017-08-23 12:00 | Canon EF L | Comments(0)

レースを纏う貴婦人




f0302613_22035518.jpg




f0302613_22042413.jpg

SIGMA sd Quattro H
SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM
RAW, SPP 6.5



※クリックすると少し大きく表示できます。

雨が長く続いたせいか、8月というのにたくさんのキノコが顔を出して来ました。
そんななか、久々に出会った大物がこのキヌガサタケ。
姿は美しいですが、グレバからは胞子を運ぶ虫などを呼び寄せるための臭いが....(^^;。









[PR]
# by ruribitaki_pata2 | 2017-08-22 18:00 | Macro Lens | Comments(2)

睡蓮畑でつかまえて #011




f0302613_15545343.jpg

Canon EOS M5
EF300mm F4L IS USM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

ヤブキリ(オス、終齢幼虫)。
ISO800、F7.1。





[PR]
# by ruribitaki_pata2 | 2017-08-22 12:00 | Canon EF L | Comments(0)

クロコノマチョウ




f0302613_13335025.jpg

Canon EOS M5
EF300mm F4L IS USM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

この蝶もかつては埼玉にいなかった蝶です。
ツマグロヒョウモンやナガサキアゲハ同様、南方からの北上組です。
最近アカボシゴマダラも見かけるようになりましたが、
調べたところ関東にいるものは中国から持ち込まれたもののようです。

ISO2500、F5.6なので画質が悪く証拠写真でございます。
案外警戒心が強く2、3m程度まで近づくとひらひらと飛んでいってします。
APS-Cで300mm(換算480mm)だからこそ何とか撮れた写真です。

OM-D E-M1 + MZ300F4だと換算600mmですが、
とてもここまでは感度を上げられないので
他の組み合わせで撮るとすると
X-T2 + XF100-400mmでしょうか。










[PR]
# by ruribitaki_pata2 | 2017-08-21 18:00 | Canon EF L | Comments(0)

睡蓮畑でつかまえて #010




f0302613_15494852.jpg

Canon EOS M5
EF300mm F4L IS USM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

ウズラカメムシ。
あまりカメムシっぽくないですね。なんだかカワイイ(^^

3000pixel×2000pixelでトリミング後縮小しています。







[PR]
# by ruribitaki_pata2 | 2017-08-21 12:00 | Canon EF L | Comments(2)

メハジキとルリモンハナバチ




f0302613_22280697.jpg




f0302613_22283126.jpg

Canon EOS M5
EF300mm F4L IS USM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。








[PR]
# by ruribitaki_pata2 | 2017-08-20 22:30 | Canon EF L | Comments(0)

睡蓮畑でつかまえて #009 - 閲覧注意! -

足元から慌てて飛び出したショウリョウバッタのオスが
ナガコガネグモの網にかかってしまいました。
するとナガコガネグモは糸の束を後ろ足で広げながら
手際よくショウリョウバッタに絡めてぐるぐる巻きにしていきました。
クリックするとそんな写真が3枚でてきます。(^^;



More
[PR]
# by ruribitaki_pata2 | 2017-08-20 12:00 | Canon EF L | Comments(0)

睡蓮畑でつかまえて #008




f0302613_15025058.jpg




f0302613_15030079.jpg




f0302613_15030809.jpg

Canon EOS M5
EF300mm F4L IS USM
RAW, DPP4



※クリックすると少し大きく表示できます。

1、2枚目はショウジョウトンボ(オス)。
3000pixel×2000pixelでトリミング後縮小しています。
1枚目の個体はまだ完全には赤くはなっていないようですね。

3枚目はショウジョウトンボのオス未成熟個体。
こちらはトリミングなしの縮小のみ。
メスとの識別に悩んだのですが、「日本のトンボ」(文一総合出版)の
腹部先端図でなんとか識別。
図鑑としては少し高いですが、内容から考えれば格安の図鑑だと思います。
出版年も第2版が2013年と比較的新しいので識別図鑑としてはベストかも。
幼虫(ヤゴ)の写真は少ないですが、ヤゴに関しては身近なモノであれば
「身近なヤゴの見分け方」(世界文化社)である程度カバーできます。
ただし横浜市で記録のある72種ということなので、関東主体になると思いますが。
また、こちらは電子書籍も出ています。

図鑑の持ち歩きは結構かさばるのですが、電子書籍だと何冊持っても大丈夫。
解像度の高いものであれば拡大して見ることもできますし。
でも検索する場合や、比較・参照のためにページを行き来する場合は、やっぱり紙の本の方が便利ですね。(^^;







[PR]
# by ruribitaki_pata2 | 2017-08-19 12:00 | Canon EF L | Comments(0)